Drops*

博士3年になりました!ひきつづき研究科での日々あれこれをつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告

某データベース開発チーム会議

会議のため,丸の内へ。
もっともへなちょこな私は,遅刻するわけに行かない。てな訳で時間に余裕をもって行動開始。おかげで会場へ一番のり! ていうか,30分も前に到着してしまった。
とりあえず,先に飲み物を頼んで(だって,ほかに待っている場所もないし,違うお店に移動していたら,遅刻しちゃうかもしれないもん),仕事をしながらまっていることにした。
けどさー,このお店,学生の私には,ちょっと(いや,かなり?)高い。だってさ,グレープフルーツジュースが1500円もするんだもん。そのうえ,おそらく,サービス料もかかってるだろうしさ。ま,今日は,celebratedなみなさんの集まりだから,しかたないかw

で,少しずつメンバーがそろい,会議開始~~~。2時間程度の話し合いをした。
私の師匠から,「思ったこと」とか「感じたこと」があったら,遠慮せずに,はっきり言っていいよと言われていたので,データベースのことで気になっていたことは言わせてもらった。いちお,少し遠慮しつつね。だってさ,あんまりはっきり言いすぎると,プロの人のプライド傷つけちゃうとも思うのよね。だけどなあ,,,コンピュータの世界は,どんどん進化しちゃってるし、いままでやってきたこと,今現在自分がもっているものにとらわれて,そこで足踏みしているようじゃダメだとも思うかな。それに,やっぱり,開発者はセンスがよくなくっちゃ。パソコンはさ,道具箱だと思うんだ。同じ道具を使っても,できあがるものは,その人のセンスによって変わる。これは,努力だけではどうにもならないのではないかとも思うんだよね。むむむ。

会議が終わったあと,会議に参加していたメンバーのひとりでもある,某企業のトップの人に,前途多難な感じですね。。。と話したら,その人は,こんなふうに言ってくれた。

ぜんぜん多難じゃないと思う。大丈夫。あれだけ素晴らしい活動なのだから。
ただ,その素晴らしさを端的に,わかりやすく、相手に伝える必要がある。
研究の主旨,やろうとしていることが,今,いかに求められているか,ということをまず伝え,
これまでの活動内容,今後の計画,そして,この研究が世の中にどのような影響を及ぼし,協力してくれる側にはどのようなメリットがあって,何をどんな形で還元できるのか,それを端的に伝えるものが必要。
新しいことが始まるのだから,一連のアクションを一緒に楽しみましょう。

さすがだなーって思っちゃった。やっぱ,すばらしい会社の社長は言うことが違う。そっか。たくさんの可能性を持つ新しいことをはじめるんだもの,そのプロセスを楽しまなくっちゃね。

    2008/12/05(金) 23:20:08| 研究会・研究会議 | トラックバック:0
  1. | コメント:0
<<現代家族の抱える課題とその研究方法 | ホーム | 波瀾万丈な1日・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://drops2008.blog46.fc2.com/tb.php/61-1fd20575
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。