Drops*

博士3年になりました!ひきつづき研究科での日々あれこれをつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告

ワトソンとスタイツが語る未来の生命科学

DNAの二重らせん構造を発見したことで有名な,あの,ワトソン博士が来日しており,標記テーマのフォーラムがあった。

もちろん,参加してきた。こんなチャンスもう二度とないかもしれないし,授業が終わるのももどかしく,会場に駆けつけた。だって,そんじょそこらの有名人とはわけがちがうでしょう?まあ,私がミーハーってこともあるわけなんだけど^^;

でも!ワトソン博士は,やはり,すばらしかった。偉大なオーラが漂っていたもの。

今回のフォーラムで特に印象に残った博士の言葉は,
「研究室にばかりいては何もできない。真実は常に現場にある。現場に足を運び続けなければ,真実を見失ってしまう。とにかく現場に出向くのだ」
(↑ちょっと違うかもしれないけど,こんな感じ。。でも,ちょっとだけ違うかもしれない。だって,急いで会場入りしたせいで,同時通訳用のレシーバーを借りそこねてしまったんだもの)
どこかで似たような言葉を聞いたことがあるような気もするけどw,偉大な方が言うと,なんというか説得力がある。ハートにどーんと響いてしまった。

 ★

フォーラムのあとは,某データベースにまつわる会議。
飲みながら話した時間も含めると,会議時間は約5時間・・・。ちょっと疲れたかも。


    2008/10/22(水) 23:58:19| ことば | トラックバック:0
  1. | コメント:0
<<ひたすらデータ入力を・・・ | ホーム | 生キャラメル その後>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://drops2008.blog46.fc2.com/tb.php/42-163c442a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。